カテゴリ:釣り( 55 )

目立ちたがり屋さん

今朝は西が爆風のため、東へ。

サラシはあるも、全くあたりなし。 撤収前、待望のヒット。 で、上がって来たのは、、
原色の油絵の具のようなこの方でした・・・

f0202446_10122090.jpg

チ、チミもミノーに来るんだね・・・

しかし何のために、こんなド派手な色に進化したのだろう? もしや究極の目立ちたがり屋さん??
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-11-18 10:12 | 釣り

出勤前ラッキー

本日も出勤前ちょこっと磯へ。 いいサラシ。

5分でヒラスズキが釣れ、満足して出勤。 2日連続獲れた。 気分最高。
f0202446_10584178.jpg


72cm. 体高があってかっこいいスズキだった。よく引いた。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-11-16 10:05 | 釣り

仲間達

うちの職場は、釣り師が多い。 島なので当然である。

「たまには皆で釣り大会でもしよう」 

先輩の声に約10名の釣り師が集まった。 
フカセ、カゴ、ルアー、エギ、みな好きな道具で一日釣りをして、夜釣った魚を食べよう。

最高の企画だ。

ルアーチームは、前日から島を走り回って、西も東も恐ろしい爆風と大波に玉砕。 夜は余りの寒さに、
港でラーメンをつくり、肉を焼き、ソーセージを焼き・・・・  かなり幸せだった。 
f0202446_10215223.jpg

なぜ外のご飯はこんなに美味しいんだろう。
コンセプトが変わってきていた。

翌日、一人東へ向かったが、なぜかベタ凪。 西は大荒れで釣り不可能。
サラシを求め、車を飛ばし島を縦断。 南端を攻めたが、玉砕。
戻ってきて家の近くの嵐のような磯で、どうにかヒラスズキを1匹ゲット。
f0202446_1853043.jpg


68cm。 小さいがとりあえず食材確保できたので、満足。

夕方居酒屋に集合。 フカセチームはイスズミのみで、16時間磯で大玉砕。カゴ師がカワハギ1匹。
みなでスズキ・カワハギの刺身、鍋を囲み、反省会。ビールが最高にうまい。
f0202446_10204696.jpg

カワハギ先輩も大満足のようだった。

楽しい週末だった。 明日からも頑張ろう。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-11-15 23:07 | 釣り

秋。

あ   っという間に、夏が終わっていた。

夏こそGTが!! と思いきや・・・ 世の中そんなに甘くない。
8月はひたすら足裏ネリゴを釣り・・・

9月は、家からすぐの漁港で20kgくらいのGTがど派手にボイルしていたが、いくら投げてもあたらず・・・
サーフィンしてて足怪我して磯逝けないし・・・

あまりに釣れない為、友達と連日堤防でカゴ釣り・・・(もはやルアーマンとして終わってる・・)
釣れるのはイスズミ、オジサン、ヘキ、ダツ・・・ 殆ど食べれないし・・・

夜釣りでサンマ切り身ブッコミでアラを狙うとなぜか巨ボラが釣れるし・・・

目を覆うような日々だった。


島も朝夕が肌寒くなり、秋になった。 台風が近づいた。 サラシがでる。
久しぶりに出勤前サラシに出かけた。

風が強くペンシルは泳がない。 ミノーに換えて1投目、足元でドパーン、と出た。

余りに足元で、水深もなく、ヒラスズキが行き場を失い、垂直に飛び出してドパドパエラ洗いをする。
ラインは2mくらいしか出ておらず、何度かズリ上げては波にさわられを繰り返しランディング。

71cm、3.8kgのなかなかのヒラスズキ。嬉しくて嬉しくて一人磯で踊る。
もっともっと投げたかったが、どうしても食べたかったので帰宅→捌く→冷蔵庫→シャワー→出勤を考えると時間限界。
泣く泣く撤収。

行きつけの釣具屋の庭で捌かしていただき、帰宅。
娘が笑顔でお出迎えしてくれたが、なんかウ○コ臭い・・・・

珍しくオムツからこぼれる量の大脱糞しており、急いで魚を冷蔵庫へ叩き込み、2人で緊急シャワー。時間がない。でも娘の気持ちよさそうな顔をみて、ちょっと満足。

なんか魚臭いような、ウ○コ臭いような微妙な気分でどうにか出勤に間に合った。
f0202446_10593046.jpg


恵みの秋、が開幕したことを祈る。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-10-27 10:59 | 釣り

研修生再来!

5月、福岡から研修生が2人来島した。

1週間寝る暇なく遊び倒して、クタクタになって帰っていた。

なぜか、また来た(謎)。
 どうも福岡の上司に 「とても勉強になったので、もう一度勉強しに行きたい。時間が足りなくて、やり残した事があります」 とウソ800を情熱的に伝え、実現したらしい。

やり残した事、それは 「イカ釣り」だったらしいが・・・

今回も当然初日から、全力投球で島をエンジョイ。


ショウブダイの存在を知り、どうしても釣りたい!! ということで夜中の堤防へ出撃。

研修生1の竿が、ドカーーーン!! と絞られた!!!
生まれて始めての大物に、「うぉぉぉーー!!」と叫びながらゴリ巻きする。

f0202446_2093622.jpg


ドラグを出されながらも、気合で巻きまくり、あがった獲物は・・・・


f0202446_2095684.jpg


ク、クサイッす、先生!!  
その日から、BOLA先生と呼ばれるようになった。

その後研修生2が巨大エイとこれまた素晴らしいバトルを展開したが、無念の目の前バラシ。

翌日はカゴ釣りで、ビングーとイスズミを釣ってご満悦の様子だった。


その後もサーフィン、飲み会と遊び倒し、「また3月に研修に来ます!!」 と言い残し去っていった。

翌週は対馬に研修に行ったらしい。
写メールで、対馬のアジと鯛が送られてきた。 確実に成長している。 

ぜひまた3月に来てほしい、愛すべき2人組である。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-10-10 19:45 | 釣り

夜のブッコミ

職場の先輩(釣りを始めて2ヶ月)と、真夜中の堤防で 「ショウブダイ」 を狙う。

ショウブダイ。 島の真夏の本命である。 ぜひ釣りたい。 食べたい。

真っ暗の堤防で、星を見ながらサンマの切り身を垂らす。

ふと、 島の魚はサンマなんて見たことも無いんだろうなー、などと考えていると、置き竿に
「ガッツーン!」とあたりが!!

しかしスルスルと上がってきたのは、えらく不細工な赤い魚。我々は 「謎の古代魚」と名づけた。


f0202446_1944551.jpg
そして先輩の竿に 「ジトーー」とあたりが。

鬼あわせを入れると、まったく動かない。 根がかりだ、と沈む2人。 しかし粘り強い先輩は、
「もしかしたら、魚が潜ったのかもしれないですよね」 といつも前向き。

5分待って、糸が動き始めた!!

どりゃーー、と巻きにかかると、信じられないことが起こっていた。





f0202446_19264056.jpg


な、なんと タコ先生!!! しかもでかいし!! しかもウツボも付いてるし!!!

よおーくみると、まず小さな魚が針にかかっていて、それをウツボが襲っていて、そのウツボを
タコが襲っていた。 3匹丸ごと釣ってしまっていた。 食物連鎖が繰り広げられている・・・

恐るべし先輩。 奇跡を起こしている。

彼は、いつか更なる奇跡を起こすに違いない。


こんな楽しい夜が、繰り広げられている。 


離島最高。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-09-02 18:42 | 釣り

カスミ

いつもの堤防へ。

ひたすらポッパーを投げ、ジグを投げ、ドーナッツを食べ、またポッパーを投げ・・・・

やっとジグで釣れたのは、極小カスミだった。
やっと、やっとアジに出会えた。

小さいけど、嬉しかった。 
f0202446_11174463.jpg

[PR]
by hokkyoku2 | 2009-07-19 11:14 | 釣り

久しぶりにカマス磯 

カマス磯で、ミニGT(巨メッキとも言う)の目撃証言があり、早速朝4時半起床で出かけた。

かなり久しぶりのカマス磯、ベタ凪。不穏な香り。

予想通り、カマスしかおらず、惨敗。
しかし暑かった。今年初めて汗だくになった。 気持ちよかった。

仕事は珍しく暇で、暇を持て余し、昼寝をしたり、腕立てをしたり、気ままな一日だった。

うーん、なかなかめぐり合えないGT。。 明日はどこへ行こうか。。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-07-01 16:33 | 釣り

通勤中ネリ

昨夜釣り仲間から、貴重な情報が入った。

「港でネリが釣れてるんだけど、夕方2kgのカンパチ釣ったよ。大きいのもいるみたい。

しかも、GTのボイルがあったよ!! たぶん20kgくらいかな。ネリを追ってるみたい。」

逝くしかない。


5時からでっかいポッパーを投げ続ける。気配なし。
暫くすると目の前でネリが飛び始めたので、メバルタックルに持ち替え、チビポッパーを投げる。

ナブラに着水した瞬間から、ネリが飛びついてくる。
しかし、小さすぎてなかなか乗らない。

足元までポッパーを群れで追ってくる。 10匹くらいが、ボラのように口をパクパクさせて追いかけてくるのには笑えた。

一匹だけ塩焼き用に持って帰る。
f0202446_7392487.jpg


その後もGTの気配は無く、出勤。

でも、通えばきっと出会えるはずだ。 夢の通勤中GT。


トビウオもやってきた。 シーズン開幕は近い。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-06-30 07:41 | 釣り

モハミ堤防

「たまには餌釣りに逝かないか?」

先輩が誘ってくれたため、カニを買って島名物「モハミ」釣りへ。

この島では、皆モハミ(ブダイ)が大好きだ。
鹿児島では、磯・船釣りの外道で、ヌルヌルしてて、重宝されないが、なぜかここでは皆好きだ。
居酒屋でも、いい値段でから揚げが出されている。

カニにつままれながら、久しぶりの浮釣り。まったりしている。
しかし波風が高く、あたりは全く取れない(涙)。
でも回収するとしっかり噛まれてて、食べた後の甲羅上げ状態で帰ってくる。。

くやしい。とってもくやしい。 でも全部取られる。

結局1匹も掛けられなかった。 いつか素もぐりで捕まえよう。


堤防に、釣り人が現れた。
ヘビータックルを持っている!! 懐かしの日の丸カラー、mid-shoreだ!!

「去年ここで15kgのGTを捕ってから、はまってしまい通ってるんだ。今年もそろそろヤツが来ると思う。
トビウオもそろそろ来る時期だ。そしたらシイラとカンパチも回ってくる。」

モハミのおかげで、重要証言が手に入った。

連絡先を交換し、後ろ髪を引かれながら、出勤した。

モハミ堤防、期待大だ。 
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-06-07 09:39 | 釣り