仲間

先週一週間、うちの職場に福岡から若者2人が研修にやってきた。

まあ、研修といっても、一週間目一杯島をエンジョイしてもらいたい。

月曜日:歓迎飲み会
火曜日:サーフィン、イカ釣り
水曜日:素もぐり、サーフィン、バーベキュー
木曜日:サーフィン
金曜日:素もぐり、ビアガーデン
土曜日:カヤック、飲み会、イカ釣り

イカ釣りをしてみたい、という彼等と初めて、ヤエンをしてみた。

ヤエンが得意な同僚に手ほどきを受けながら、アジを放り込む。

しばらくすると、ジーーーーー!! とドラグがなる。 なるほどこれは面白い。

しかしリールを巻くと、数秒でアジを離して逃げられてしまう。
魚影は濃く、計10回ほど当たりがあったが、すべてバラシ・・・。

隣りでエギンガーが3kg程のアオリを上げていた。
当たりは断然アジが多いが、すべてバラシは無念すぎた。

「次は絶対イカを捕まえましょう。」 と、硬く握手を交し、遊び尽くしてクタクタになって、彼らは帰っていった。


イカは釣れなかったが、たまには防波堤で、のんびり星を見ながら、くだらない話をしながら
マッタリと魚信を待つのもいいな、と思った。



漆黒の、真夜中の堤防。 そろそろトカラは開幕だ。 

残念ながら今年は、欠席だ。

この島で、カッポレを探そう。
[PR]
by hokkyoku2 | 2009-05-17 20:28 | 釣り
<< Carl Zeiss ナブラ >>